fusion360を活用|プログラミング初心者の勉強法|1からプログラマーになるには
ウーマン

プログラミング初心者の勉強法|1からプログラマーになるには

fusion360を活用

IT

3Dの製図ソフトと言うのは、従来非常に高価です。そのため、勉強をしようとcadのソフトを購入するのは非常に敷居が高いと言われています。近年ではフリーソフトでも見かけることが多くなりましたが、それでもやはりシェアウェアのソフトと比べると圧倒的に使い勝手が悪く、本格的な練習は難しいとされていました。しかし、fusion360を活用すればシェアウェアと同じクオリティのソフトが無料で使用することができます。
fusion360とは、Autodesk社が開発したソフトです。高機能3DCADソフトであり、本来はシェアウェアとなっています。しかし、fusion360は月額数千円で使用可能であり、長年使い続けることを考えると10年以上使っても購入するより安上がりです。また、それだけではありません。fusion360最大の利点は、非営利目的に限り、無料で仕様が可能だということです。そのため、趣味で3DCADを扱うというのであればfusion360はまさにうってつけのソフトであり、趣味以外にも勉強目的で使用することもできます。
fusion360で勉強し、することで製造業として働く場合必須であるCADの技術を習得することができます。また、前述したように趣味で色々と作ることもできるので、将来製造業につきたい場合は作品集づくりをfusion360で行うのも良いかもしれません。なお、クラウド管理のため、常時インターネットに接続しているパソコンでないと使用できない他、データの管理はクラウドで保存することとなります。しかし、自分のパソコンに保存することもできるため、作業ではなく閲覧目的ならばネットに接続してなくても大丈夫です。